Hashi's Daily Life
by hashimoto-mas
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
きょうのロンドンがくしゅう
アート/デザイン
ファッション/インテリア
グルメ
アニメ/キャラクター
ミュージック
スポーツ
トラベル
サイト
ブック
広告
タグ
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:スポーツ( 2 )

次に日本で大ブレイクする(してほしい)サッカー選手!?

フットボールに関連して、もう一つ。

先日、監督、選手等が選んだ、現在、世界最高のフットボール選手が発表になりました。
以下がその順位です。

1位 C. ロナウド (マンチャスター)
f0124579_445931.jpg

2位 C. ファブリガス (アーセナル)
f0124579_446943.jpg

3位 L. メッシ (バルセロナ)
f0124579_55473.jpg

4位 F. トーレス (リバプール)
f0124579_5105998.jpg

5位 F. トッティ (ローマ)
f0124579_5112782.jpg
1位から4位は、そのまま日本で次に大ブレイクしてほしいサッカー選手に該当します。

日本でもゼロックスのコマーシャルで登場したことのあるクリシティアーノ・ロナウドが断トツの1位。今シーズンのプレミア得点王、もはやベッカムの後釜の7番、ワールドカップでルーニーを退場させたなどの肩書きはまったく無用の活躍ぶりで、今やイギリスのメディアでは、ジョージ・ベストとも比較されています。

容姿もモデル並みのドリブラー&アタッカーは、たぶん、日本でもベッカム並みとはいかないですが、相当ブレイクするのではないかと思います(すでにしてると思いますが)。ロナウジーニョに続いて、日本のサッカー少年達の誰も彼もが、彼のドリブルを真似する日も近いのでは!?

スペイン勢でランキングに入っている、2位のファブリガス、4位のトーレス、彼らもプレイはもちろんのこと、容姿も端麗で、女性人気も高いと思われます。

3位のメッシはもはや説明のしようのない、マラドーナの後継者です。ところで、本当は身長160cmないって本当?

金髪の王子様好きの日本人女性(違ったらすいません・・・)からすると、4位のトーレスあたりはベッカム並みの黄色い歓声を日本で浴びてもおかしくないと思います。リバプールはチャンピオンズカップで勝たない限り、日本には来日しないかな。。。

5位のトッティに対するコメントは今回パス(ごめんなさい)。

ちなみに僕の現時点のベストフットボーラーで大ブレイク(してほしい)ランキング断トツの第一位はこの人、トッテナムのディミトリ・バルバトフ。
f0124579_4501072.jpg

ボール・タッチはプレミア一で全盛期のアーセナルのベルカンプ級で、先ごろマンU行きがトッテナムオーナーの史上最高額要求で消えたのですが、ACミラン行きも噂されているブルガリアのストライカーです。たまに試合中、完全に存在が消えちゃうのがたまに傷ですが・・・。

顔的には非常にミラン顔!?なので、ACミランに行っちゃわないか非常に不安です。。。
カーリングカップはとったもののトッテナムもUEFAカップも出れないくらい調子悪いし・・・。

ちなみに、野球でいうと、日本ならタイガース、大リーグならレッドソックスみたいな熱狂的なファンを持ち、好不調の波が激しいトッテナムはチームとしても魅力的です。
[PR]
by hashimoto-mas | 2008-03-23 05:01 | スポーツ

いとしのCharlton(チャールトン)

2007/1/16現在、プレミアリーグ19位(要はビリから2番目)のCharlton(チャールトン)が、最近いとおしくてたまらない。
f0124579_1285177.jpg
会社の同僚の話によるとこれまでプレミアから落ちたことがないチームらしいのだが、最近は、この時期かならず降格圏内におり、ここからぎりぎりの攻防を繰り広げ、勝ち上がってくるらしい。

つい先日も、熱血漢のAlan Padewがスペインリーグのどこかの監督を蹴って(たしかスペイン)、Charltonの新監督に就任した。
f0124579_12614100.jpg
就任早々のFulham戦、2対1で勝っていてロスタイム、最後に完全に敵の選手が胸に当て、ラインを割ったボールが相手ボールになり、さらに信じられないことに最後のワンプレーのどさくさにまぎれて、フリースローがフリーキックになり、そのフリーキックのボールが最終的にゴール!につながり、引き分けとなってしまった。

あまりに負け方が劇的すぎてこれは絶対立ち直れないだろうと思った次のゲームのAston Villa戦、こちらもたまたま観てたのだが、同点のロスタイムで今度は、逆に勢いのないクロスから劇的な勝ち越しゴールを奪って勝ってしまった。

しかし、このチーム波に乗らなさ具合がすごい。その後の試合も引き分け、敗戦と続いており、ファンのやきもき度はプレミア一に違いない。

この2試合だけで僕もすっかりこのチームに魅せられてしまい、今年はこのチームを応援することに決めた。ロンドンのチームなので、機会あれば試合も見に行きたい。

もしかしたら低迷期の阪神を愛していた人たちの気持ちがロンドンで初めてわかるかもしれない。。。

終生、近鉄ファンより。
[PR]
by hashimoto-mas | 2007-01-17 11:51 | スポーツ